小野眼科について

開院は昭和56年12月18日です。診療内容は眼科全般にわたりますが、特に緑内障や白内障に力を入れております。
緑内障はできるだけ早期発見をするため、機器を備えております。
白内障に関しても波面解析装置を用いて患者さんに納得していただいた上で手術に踏み切っております。現在の眼科診療は色々な機器を用いて総合的に判断するようになっておりますが、全ての機器を備えてとい訳にはいきません。
また、患者さんのお話の中に病気のヒントが隠されていることが多いので、患者さんのお話を出来る限り時間をかけて聞くようにしております。
病気によっては専門の先生に診ていただくことがあり、初めて来院されてもすぐに紹介できる場合も多々あります。

院長のご挨拶


小野眼科 院長
小野 弘美
私たちの立場は人と人との出会いと信頼関係が基本です。来院される患者さんの苦痛を少しでも早く解放してあげたいと常々思っております。そのためにはどんな苦労も惜しみません。
患者さんの喜ぶ姿を見ることが明日への糧となります。

基本理念

医師という立場は健康を保持することにある。しかしながら、能力の限界というものがあり、また人間であって神や仏ではない。
従って、「仏手仏心」という言葉はあっても、「偽仏手偽仏心」であるのが本来の姿と言えよう。
しかし、「仏手仏心」に近づこうと努力されている医師は多い。私も努力しているつもりではあるが、先は遠い。
私たち医師の相手は同じ人間であるので、年齢、性別、その他諸々は全く関係なく一人の人間として接することである。
人間が人間と接することが医師の基本である。唯私が忌み嫌うことは驕り高ぶることです。

院長経歴

1967年 札幌医科大学卒業
1967年~1968年 横須賀米国海軍病院にてインターン
1968年 札幌医大眼科にて研修
1977年 医学博士号授与
1978年 札幌医大眼科講師を勤める
1982年 小野眼科医院開院
1983年~ 札幌医大非常勤講師を勤める

所属学会

  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 日本緑内障学会員並びに北海道緑内障研究会員
  • 日本白内障学会員
  • 日本神経眼科学会員
  • 日本コンタクトレンズ学会員

小野眼科
〒001-0908
北海道札幌市北区新琴似8条11丁目2番7号
電話:011-764-1818

▲ ページトップ